2013年07月22日

竹刀を変えてみた

竹刀を変えてみた


土曜日、海老江東小学校で稽古でした。
日曜日に選挙がある影響で今週は土曜日だけの稽古でした。


子供は16名の参加でした。海老江東小学校だけでなく周辺の小学校からも子供達が参加してくれています。
人数が多くなってくると活気が出ていいもんです。


今週は先週と比べると気温がまだましで、先週とくらべると元気がある稽古ができてきていると思います。


今回も僕は幼稚園児の担当でした。3名の幼稚園児に礼の仕方、構えまでを約1時間かけて指導。


来週まで覚えてくれているか不安ですが、まだ幼稚園なので剣道を好きになってくれたらそれだけで現段階では
OKかなと思います。


あと2週間ほどで子供達が注文した防具が届くことになっています。
再度防具のつけ方、着装などきっちり教えたいなと思います。


教えるためには指導者がきっちりしないとダメですが、当然ながら。


大人の稽古は今回は6名の参加。何人かの子供は大人の稽古にも残って参加してました。
ガッツがあっていいと思います。


色々考えるところがあって、今回重めの38の竹刀で稽古してみました。
大分の西野竹刀店で購入しました(割引期間でしたが、それでも結構いい値段がしました)。


38で稽古した感想ですが、いいですね。39の先を切ってもらった竹刀で、剣先に重厚感を維持しながら
竹刀操作はしやすくなった気がします。


39の竹刀での稽古も当然つづけながらになると思いますが、昇段審査ではどちらで行こうかなと新たな
悩みが発生ですね。


今度は今週の土日が稽古です。
なかなか次の目黒での稽古日程が決まりませんが、、、。


倉本さん、コメントありがとうございます!


コメントいただいたのでどうしようかな〜と悩んだのですが、倉本さんのコメントだけ残して広告コメントは削除することに
しました。倉本さんのコメントだけでも読んでいただいている人は意味がわかると思いますので。





posted by イデ at 11:27 | Comment(1) | TrackBack(0) | 稽古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
文春新書発行「日本人の知らない武士道」
アレキサンダー・ベネット著

鴨志田先生、倉本先生、出口先生、是非。
Posted by おすすめ書店 at 2013年07月23日 07:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。