2010年08月27日

刀の重さ、竹刀の重さ

刀の重さ、竹刀の重さ


最近道具、竹刀についていろいろと書いてきましたが、関連する内容として今月の剣道日本に大変参考になる記事がありました。


馬場欽司先生が書かれているコラム「敗者はいらない」の今月のテーマが竹刀の重さ、竹刀の重さでした。
あえて重い竹刀を使用し、技前を深く持つ稽古の意義が解説されています。


試合での剣道では色を見せずに打つということが勝利のためには有効な戦法となりますが、馬場先生はあえて色を見せて打つ稽古をされているとのことです。


年齢を重ねると色を見せず瞬発力で打つということができなくなってくる。一方で重い竹刀を使ってあえて色を見せ、相手を金縛りにあわせるような攻めを実行して打てるようになると年齢関係なく相手を打つことができる。技前を深く持つ稽古をするためにあえて自由が利かない重い竹刀をつかうというのも大事な稽古である。


ということです。


僕には全くこんな発想はなかったですね。自分に使いやすい竹刀は何かなと考えているだけでした。
馬場先生のコラムを読んで「深いな〜」、と思いつつ、「俺、軽いな〜」と少し反省しました。


自分に合う竹刀も当然必要ですが、アラフォーの僕にとって必要な稽古は馬場先生が書かれている技前の深さを強化する稽古かもしれません。最初は打たれるかもしれませんが、それに惑わされずにやる稽古が必要なんでしょうね。


重い竹刀、買ってみようかな〜、と考えています。



剣道日本は以下で買えます。
剣道日本 2010年 10月号 [雑誌]
 ⇒ アマゾンです。   
剣道日本 2010年 10月号 [雑誌]

 ⇒ 楽天です。




明日、1週間ぶりの稽古です。





posted by イデ at 11:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 剣道日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
目黒で稽古できる日を楽しみに楽しみに待っております。でも、焦らず日々の稽古や生活を大事にしたいと思います。年齢関係ない剣道、いいですね。僕も目指してます。大阪の先生には、60歳になったら、いろんなことができなくなるぞ、基本を大事にしろといつも教えて頂いてます。
Posted by 松谷 忠興 at 2010年08月27日 13:00
同じアラフォー世代として、勉強になるコメントですね。
今後の竹刀選びの参考とさせて頂きます。

お互い課題を持って頑張りましょうー!!
Posted by 石黒 at 2010年08月28日 01:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。