2009年09月09日

世界大会

剣道 世界大会


みなさんいつもコメントありがとうございます。
倉本さんにご紹介いただいた世界大会の映像、Youtubeで見られますね。
準決勝の韓国戦を見ましたが、以外にも内村選手が負けたんですね。あとの4人は結構危なげなくというか、落ち着いて勝てたような気がします。


でも、試合内容は味があるというよりは、ドタバタという感じですね。日本選手もあの感じに対応するには戸惑うところもあるんやろうなと感じました。韓国選手はとにかく力が強そうですね。


また、審判員のレベルアップも必要かと思いました。日本にいれば色々な先生方から審判法について学べますが、日本以外だとなかなか難しいものです。イギリスで世界大会があったときに試合前の審判講習会で日本から来られた先生が「こんなの審判じゃない!」と呆れていたという話を聞いたことがあります。


剣道技術の世界的普及とあわせ、審判法や作法の普及も剣道がさらに国際化するためには必要だなと感じました。


今回は日本が優勝したので安心してこんな記事を書いていますが、日本が負けていたら世界大会のことは無視したかも。


で、映像を入れます。先鋒から大将まで全て映像があります。ちょっと大量ですが、お楽しみくださいませ!













posted by イデ at 12:46 | Comment(1) | TrackBack(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出口さん -- 映像が観てよかったですね。準決勝は時間があるときに観てみます。

私事で恐縮ですが、昨日に綾瀬の東京武道館で行われた東京都合同稽古会に参加してきました。あの滑る道場に慣れておこうと思いまして。並んでいるときにちらっと横を見たら、鴨志田さんがいらしゃるではありませんか。熱心さに脱帽です。色々な方と稽古することは重要ですよね。

滑る道場といえば、後藤先生からは、それを利用して足さばきするんだとアドバイスいただき、滑らないようにするのではなく、それを利用してよどみない足さばきを行うことが重要なんだと気づかされました。感謝・感謝です。初めて友川先生にお願いすることもできましたし、10月6日も参加できるようにしたいと考えております。
Posted by くらもと at 2009年09月09日 17:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。